scroll
ショールーム ご予約フォーム お問い合わせ

日本語/Japanese (pdf 1.1MB)

英語/English (pdf 0.5MB)
シェアする Facebookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア はてなブックマークに追加 Pocketに保存

ASUKANET AI plate

English catalogue PDF

AI plateについてabout

空中ディスプレイが、未来をあざやかに映し出す。

空中に映像を出す方法としては、昔から遊園地などで見かけるホログラムと称されている技法がありますが、スケール感を出す事は難しくディスプレイ用途としては不向きでした。その後も世界中で研究されていますが、大半は水蒸気や煙、または薄いフィルムにプロジェクター投影させる方法で疑似的に空中に浮いて見せる手法に留まっています。

アスカネットのAI (エアリアルイメージング)プレートはガラスや樹脂などで出来た特殊なパネルを通過させることで、実像の反対側の等距離の空中に実像を結像させる事に成功し特許を取得しています。一定の場所に映像モニターを設置すればそこに映し出される静止画や動画をAI plateの反対側に2Dとして結像します。

また、立体物を置くことで同様に反対側に3Dとして結像します。この原理でお分かりのように、これらはデジタルデータを送ることで結像出来るのではなく、必ず元になる物体のセッティングが必要です。このように物体の発光を受けてそのコピーを空中結像させる事からこの手法を「受動系」と呼んでいます。一方、データを送って3D映像を空中結像させる方法を「能動系」と呼び、近年こちらの特許も取得することができました。

あらゆる機器への組み込みや特殊なインテリア用はもちろん、デジタルサイネージ時代のアウトプットの決定版として最高のアイキャッチを得られる空中ディスプレイの未来にご期待ください。

AI plateは
シンプル・フレキシブル・クリーン
AI plateと最新の各種技術を融合させることにより、視覚、聴覚、触覚 etc.を与え、
インタラクティブなインターフェースを提案します。
必要な場面のみ現れる。必要な場面のみ現れる。 存在が障害にならない 存在が障害にならない 衛生管理の必要がない 衛生管理の必要がない

可能性と使用目的possibility & use

この映像表示革命が新たなビジネスチャンスへ。 AI plate is a revolution
in the image display technology.

AI plateを使用したモデルの一例です。AI plateは受動素子なので既存の技術や製品との連携が容易です。

原理と解説technology

たった1つの空中表示デバイスが
未来を変えていく。AI plate is a revolution in the image display technology.

受動系
受動系
受動系

AI plateに何らかの光が作用することで、空中に結像を及ぼすタイプの仕様です。物体から放たれる無数の光線は、円錐状に広がりその1つ1つがAI plateで透過・反射した後に空中像を形成します。

単方位
単方位
単方位

空中に現れた像を観察できる範囲が単一方向のみ可能なタイプです。AI plate面から45度を基軸とし、迎角±20度。左右±20度がその視野角となります。一般の2Dディスプレイと比べると限られた範囲ですが、3Dを裸眼視するメリットは新たなるパーソナルユーズを生み出すことでしょう。

原理
2面直交レフレクターとは

言葉が示すとおり直交する2つの鏡が光を反射することで像を成す原理です。
1度目の入射角と2度目の出射角それぞれの反射角度が等しく、結果AI plateを対象軸に1:1の空間に実像を表示します。

原理
構造
Made in JAPAN
たる必然

整然と配列された垂直ミラー構造。一見シンプルな2層式ミラー構造のように見えますが、数百ミクロン単位の規則的なパターン成型を達成するには、Made in JAPANの最先端製造技術が必要不可欠です。

構造
特徴
実像としての価値

AI plateは従来のミスト(霧)のような目に見えない物質をスクリーンに用いたり、専用のメガネをかけて観察する必要はありません。
物体から発せられる光そのものを空間に集め、集まった空間から光を拡散しています。
そのことから実在する物体が放つ光を見ることと同様に空間にある映像を見ているのです。

特徴

Floating Interactive Display

センサー検知範囲

触れないメリット

今そこに見える画像に指先を入れていける事実。
色や形などはあっても実際には触っているわけではありません。私たちはAI plateと最新の各種技術を融合させることにより、視覚、聴覚、触覚 etc.を与えインタラクティブなインターフェースを提案します。

今後の展開future

「受動系視野角拡大」「能動系」の展開AI plate is a revolution in aerial display technology
of three-dimensional object.

データ送信による最新の立体表現も研究しています。

AI plateは受動素子ですので、基本的にリアルな映像や立体物をその場にセットする必要があります。一方裸眼3Dディスプレイはデジタルデータを送り込むことでモニターやテレビ上に立体として表示することが可能です。この技術はこれまでの3DTVの方式とは異なる事で最近特許を取得しています。

また専用のインターフェイスを通過させることで、従来の3D用として制作されたあらゆるコンテンツを利用できるメリットがあります。

従来の3DTVは視野角が狭く、一定の場所からしか見ることが出来ませんでしたが、本方式では横になっても3Dとして見ることが可能です。また従来の3DTVは画面から奥に奥行きを感じますが、本方式では奥行き+実際に前側への飛び出し感が最大の特徴です。 なお、技術的には未完成であり、実用化には更に研究が必要な分野です。したがって、こちらの技術の進行状況に関しましてはホームページニュースなどにて随時紹介させていただく予定です。

デジタルサイネージ 3DTV

ショールームshowroom

実際に AI plate を
ご体験ください!※ ご予約が必要です。

株式会社アスカネット
東京支社・ショールーム

〒107-0062
東京都港区南青山2-2-3
南青山M-SQUARE 5F

営業時間 10:00〜17:00 
月〜金曜日
(祝祭日・夏期休暇・年末年始を除く)

ご予約はこちらから

大きいGoogle Mapで見る

お問い合わせinquiry

まずは、ご意見をお聞かせください。
ご要望に合わせ、最適な AI plate を試作・ご提案いたします。

082-850-1200(代表)

受付時間 10:00〜17:00
月〜金曜日
(祝祭日・夏期休暇・年末年始を除く)

メールでのお問い合わせはこちらから

ページトップへページトップへ