エアリアルイメージング

新製法による樹脂製AIプレートの展示

量産を前提とした新製法による
樹脂製エアリアルイメージングプレートの試作品が完成。
アスカネットは、「CEATEC JAPAN 2017」に出展いたします。

CEATEC JAPAN での「見どころ」

展示内容

樹脂製AIプレート
※イメージ

樹脂製AIプレート

従来より時間を要しておりました大量生産とコストダウンを可能とする
新製法による樹脂タイプのAIプレートの試作に成功しました。

今回の新製法は、樹脂に特殊な形状の成型を施したうえ、壁面蒸着を行う手法で、工程もシンプルで大量の生産に向いています。この度のCEATECにおいて、新製法による樹脂製AIプレートを展示し、その品質をご覧いただくとともに、ご希望の企業様には今後サンプルを提供し、お見積もりの問い合わせもお受けする予定です。なお、出展するプレートは初回製品であり、さらに品質の向上の可能性もありますので、その点ご承知おきください。

3D-DELZO(スリーディー・デルゾー)
※イメージ

3D-DELZO(スリーディー・デルゾー)

リアルな等身大の人物や大型の物体を空中に立体表示するシステムで空中表示されている実体と、観察する側の双方が、空中像を通じて双方向に視認でき、コミュニケーションが可能です。もちろん透明スクリーンも無く、ヘッドセットなどの機器装着の必要もありません。イベントなどにおけるサイネージ利用では、アイキャッチはもちろん新しいコミュニケーション広告としての活用が期待できます。

iMATCH(アイマッチ)
※イメージ

iMATCH(アイマッチ)

これまでのチャットは、カメラのずれによりお互いの目線に違和感を感じていましたが、アイマッチ(iMATCH)ではAIプレートとカメラ、モーションセンサの組み合わせで自然な対話が可能となり、空中映像を通じてお互いが指と指を合わせるような体験まででき、過去に類を見ない新しい通信インターフェイスを実現しました。今回の展示は相対型のエアーホッケーゲーム風にアレンジしてあります。

Telepo(テレポ)
※イメージ

Telepo(テレポ)

物体をCG化して遠隔地への画像転送を想定したシステムです。準備したアイテムを、送り側の空中ディスプレイに挿入することでその形状を人工知能がCG化し、受取側へ転送します。転送された画像は空中映像で共有、ジェスチャー操作しながらのビデオチャットも可能です。遠く離れた場所へリアルタイムに物体の大きさ、形状、色調などを伝えることで、医学・学術研究、新商品の試作サンプルなどの共有とスピード化が図れます。

5画面連続大型壁面空中サイネージ
※イメージ

5画面連続大型壁面空中サイネージ

歩行中の壁面から空中に映像が飛び出してくる光景は間違いなく通り過ぎようとする人の足を止め、目が釘付けになることでしょう。しかも、今回は1m角のAIプレートを6枚連結し5画面連続して空中に画像や動画を表示します。遠くからでも視認できるため、広範囲でのアイキャッチが可能となり、店舗等での空間演出として過去にない効果が期待できます。

開催概要

CEATEC JAPANは、イノベーションで新しい市場を創生する次世代型展示会です。

開催日程
10月3日(火)~10月6日(金)
開催時間
10:00~17:00
会場
幕張メッセ
当社ブース
社会・街 エリア C021
入場
当日一般 1,000円
ただし、主催者サイト http://www.ceatec.com/ja/ から来場事前登録を行えば無料。

幕張メッセ

千葉県千葉市美浜区中瀬2丁目1

ブース

会場マップ

エアリアルイメージング

アスカネットのAIプレートは、動画・写真・物体を
空中に浮かせて見せる事が出来ます。

AIプレート(エアリアルイメージングプレート)は、画像・映像を空中結像させるだけではなく、ライトやイルミネーションを空中に出す事も、水槽の水の中に結像する事も可能です。現在、車・医療・デジタルサイネージなどでの使用が始まっています。

何も無い空間に映像を出せ、タッチパネルと同じ操作が出来るこの技術は、将来あらゆる生活の場面に登場するでしょう。この最新のデバイスを使って、新しい世界が創造される事を期待しています。