topニュース一覧

ニュース

2015.01.08

CES2015のインテル社keynoteでAIテクノロジーが発表されました。

日本時間の昨日(1月7日午前9時30分~)ラスベガスCES2015におきましてインテルCEO(BRIAN KRZANICH)により基調講演が行われましたが、その中で当社のAIプレートを使用したテクノロジーの発表もありました。
以下はその原文と翻訳です。

< 原文 >
What's great about working with partners like HP is that we get to show products we are putting into consumers’' hands today.
But in Intel, we always have eyes on what's next.
And I want to shift now to give you a glimpse of what's going on in our labs. We are working on engineering project that will change your interaction with devices in incredible ways.
We've all dreamed or seen these new ways of working with computer. We've seen it on movies like Minority report, Iron man and Star Wars.
And now we made it real using real sense.
So, what happens when you have 3D input combined with 3D display. Jonathan here is going to give us a glimpse of just what that future looks like.
We've been looking at different strategies of bringing your display off of flat surface and up into 3D because with RealSense cameras and real time depth sensing, we can move beyond normal touch screen.
Here we have integrated some custom optics from our partner ASUKANET to create optical illusion of a display floating out in the air, almost like a touch senses of hologram. I will show you how it works.
So, what you are going to see now on the screen up there and ones behind me is Jonathan here is playing piano on the virtual in air keyboard.
The camera on the right shows the images in the mid air, basically a floating display.
Camera on the left is Jonathan playing the keys, not touching anything.
His hands are in the mid space.
I can tell you when Jonathan was first working on this I walked into his office and his hands were floating in the air doing things, and I was going "What the heck is he working on?" and he showed me this project finally.
Thanks very much Jonathan, this was great.
We haven't put this in a product yet, but it's a great example of just where the future can lead us.
I'd like you to check it out at Intel booth. We have this product in the booth and you can play with it yourself.
It's amazing. I want you to see where this technology is headed.

< 訳文 >
HPなど、パートナーと仕事をする良い点は、今、消費者に提供できる商品をお見せすることができる点です。でもインテルでは常に、次に何が来るのかを考えています。
次は私たちのラボで進められているプロジェクトをちょっとお見せしたいと思います。デバイスとの相互作用を驚くべき方法で変えてしまうエンジニアリングプロジェクトに取り組んでいます。
皆が夢に見たり、見たことがあるコンピューターの新しい使い方です。 マイノリティ・リポート、アイアンマン、スター・ウォーズなどの映画で見ているはずです。
そして今、私たちはRealSenseを使って実現させました。3Dインプットと3Dディスプレイを組み合わせたらどうなるでしょうか。ジョナサンが、未来がどんなものか、ちょっとだけお見せします。私たちはディスプレイが平らな面から離れ、3Dにする方法をいろいろと考えてきました。
RealSenseカメラとリアルタイムデプスセンサー(奥行きセンサー)を使うことで、通常のタッチスクリーンの先を行くものができるからです。
パートナーであるアスカネットのカスタムオプティックを取り入れて、ディスプレイが空中に浮かぶという光学的幻影を作りだしました。 タッチセンサー付きホログラムに近いようなものです。

お見せしましょう。このスクリーンと私の後ろのスクリーンで見て頂いているのは、ジョナサンが バーチャル空中キーボードでピアノを弾いている様子です。
右のカメラは空中の画像、浮かぶディスプレイを、そして左のカメラはジョナサンが、何にも触れずに演奏をしている様子を映しています。彼の手は空中にあります。
ジョナサンが最初にこのプロジェクトに取り組んでいる際に、私が彼のオフィスに入って行ったら、 彼は空中の何もないところで手を動かして何かしていました。
驚いて「一体、何に取り組んでいるんだい?」と尋ねたところ、このプロジェクトをようやく見せてくれました。
ジョナサン、ありがとう。素晴らしかったです。私たちはこの技術をまだどの製品にも搭載していません。
ですが、未来がどのようなものになるのかを知る、優れた例です。
Intelのブースに実物がありますので、是非、足を運んで頂き、ご自身で試してみてください。 本当に素晴らしいものです。
是非、テクノロジーがどこに向かっているのかを見てみてください。
下記に動画もアップされています26分から2分ほどの紹介です(当社の社名も紹介されています)








http://www.cesweb.org/News/CES-TV/Video-Detail?vID=UhRU5ScuwSsu&dID=DliGIusJiD1C&sID=OhYr3WpdgEMj
トップニュース一覧
ページトップへページトップへ