topニュース一覧

ニュース

2017.03.21

エアリアルイメージング事業の海外展示会出展内容が確定
海外向け専用ウェブサイトもオープン
海外ブランド名はASKA3D、プレート名称はASKA3D-Plateに

株式会社アスカネット(本社:広島県広島市、代表取締役社長兼CEO 福田幸雄、以下 アスカネット)が展開しておりますエアリアルイメージング事業(以下 AI事業)におきまして、本年3月から6月にかけて予定している海外展示会の出展内容が確定しましたので、お知らせいたします。また、AI事業の海外向け専用ウェブサイトもオープンいたしますので、あわせてお知らせいたします。



サイネージ系、操作系7種類を展示

それぞれのコンテンツは以下のとおりです。



なお、画像の品番の数値はプレートの大きさを表し、空中画像はその70%程度の大きさとなります。


※イメージ図



海外向けブランド名・ロゴマークも決定

海外向けブランド名は「ASKA3D」と決定しました。
また、販売するプレート製品名は「ASKA3D-Plate」とし、ロゴマークは下記のとおりとしました。




海外向け専用ウェブサイトの概要

アスカネットでは、空中結像が可能な光学デバイス(ASKA3D-Plate)の本格的海外展開のための専用ウェブサイト
https://aska3d.com)を3月21日にスタートいたします(English、簡体中文、繁體中文)。

このサイトでは、ASKA3Dの活用方法や様々な活用用途も紹介しています。また、ASKA3D-Plateを、少量であれば国際Eコマースを利用して、各国から購入することができます。一定量以上であれば、個別見積もりにて対応いたします。

3月下旬からの海外展示会への出展に合わせ、ASKA3Dに興味を持たれた世界の方々が、手軽に購入できるように本サイトをオープンいたします。本サイトでは、高品質な空中結像を可能にするガラス製ASKA3D-Plateの4サイズ(244mm角、345mm角、488mm角、976mm角)を販売いたします。



ASKA3D公式サイト

https://aska3d.com



◆本件に関するお問合せ先
株式会社アスカネット AI事業開発室 海外担当:山本
TEL:082-850-1200
E-Mail:
トップニュース一覧
ページトップへページトップへ